(加筆)電力エネルギー問題

原発から撤退すればエネルギーに不安が生じるなどの意見もありますが、生命の安全は、何者にもかえられません。一日も早く原発からの撤退を政府は決断すべきだと思います。そのことで省エネや自然エネルギーの拡大にも道を開くことは明らかです。たとえば鳥取県の北栄町では、風力発電に力を入れており、「固定価格買い取り制度によって、売電気収入が2億5千万円から、4億円程度に増えて、貴重な収入・財源になっています。町長が脱原発をめざす首長会議の呼びかけ人となり全国をリードしている」と担当課長が語っています。国への要望としては「風力発電機が
ドイツ制で、部品や技術派遣で修理費が割高になる。国産の性能を上げてほしい」とのことです。