AKB総選挙と地方分権 1100の556

AKBの総選挙がありましたね。

昨年は橋下市長と一緒に飲みながらAKB総選挙を見たのを思い出しました。

1位はHKTの指原さんで上位にSKEが入っているとの事です!!


AKBでもわかるように地方分権が進んでいます。
それぞれの土地の愛郷心の強さが出ている。日本ハム方式の様相が出ております。


基本コンセプトで言えば「会いに行けるアイドル」という事で、板野さんや篠田さんやそういったアイドルはもうコンセプトから外れており、1位に指原さんがなったという事はそれだけコンセプトの趣旨に沿って望まれた形で生まれているのではないでしょうか?


では・・・維新の会で考えてみると、私たちがそもそも強烈な指示を頂いていたのは、「当たり前の事を話し、身近で無駄だなぁ~行政のお役所仕事をどうにかしてほしい。厳しいご時世に官民給与差を是正して欲しい」というところだったと思います。


「クラスで2・3番目に可愛い」というコンセプトとしても要はファンの人たちの要望を応え、しっかりと目の前のお客様に集中する。そしてファンの意見を聴きながら綺麗になっていくダイヤの原石を磨き上げて行く事でも考えると完成度の高いアイドルがこの中に入っても違うのだと思います。


では・・・維新の会で考えてみると、私たちは今、どこに向いて仕事をしているのでしょうか?次世代に先送りしてきた政治に対して、背けた課題を突き付け、そして課題に対して向き合う事・決定する政治です。


AKB48も神エイトと呼ばれる人たちが綺麗に磨きすぎて、いつの間にかそこらへんのアイドルグループと同じ立ち位置に立つべきではないか?と私たち一般のファンは想うのではないでしょうか?しかし、もともとの支えたお客様やコンセプトがブレていないこの仕組みと制度はとても勉強になります。


維新の会も周囲のあるべき論を言われますが、私は誰にどう言われようと保守という訳わからん言葉に誤魔化されません。

私がやるべきは行政改革です。

ミーハー市民や一部コアな市民から評価されるではなく、コツコツと実績を積み重ねた事で陰ながら支えて貰えている人たちがたくさん増えました。そうして新しい風や力が胎動していく変化ある組織の一員となれるようにブレずに頑張りますメラメラ


今回の総選挙で本当に自分の在り方を学びました。

AKBのみなさん有難うございました!!

あと三時間後には起きないとあかんし、そろそろ寝ますねニコニコ

– Delivered by Feed43 service