橋下市長問責決議案否決

昨晩、大阪市会で橋下市長に対する問責決議案が否決されました。松井日本維新の会幹事長から、問責が通れば事実上の不信任とみなし市民に信を問うとの発言があり、出直し市長選挙の可能性が取り沙汰されていました。

当初、公明党として、一連の橋下発言は、結果として市政に混乱と停滞をもたらしており、猛省を促す立場から問責に加わる方針であったようです。辞任要求の意図はもともとなく、懸案事項山積みの市政にあって、逆に市長職に専念するよう求めていました。

大阪市政と何の関係もない今回の橋下発言に端を発して、我が党が出直し市長選挙の引きがねを引くわけにはいきません。公明党が一夜にして態度を豹変、腰砕けのような報道もありました。しかし、本日の関西テレビのニュース番組「アンカー」で、政治評論家の森田実氏の指摘は実に的を射ていました。

曰く、今世界がどう見ているかが重要。今回の橋下発言の影響は大きく深刻である。事態の鎮静化を図らなければならない時に、市長選挙ともなれば、引き続きこの話題が世界中で選挙期間中繰り返されることになる。市長選挙を橋下市長の政治パフォーマンスの場にさせないために、公明党の今回の判断は賢明であったという趣旨です。橋下氏は起死回生の市長選挙を是非やりたかったのかもしれませんが、当面は落ち着いて市政に専念していただきたいと願うばかりです。