能勢町議会議員選挙告示

本日、能勢町議会議員選挙の告示日を迎え、我が党の山本みつはる候補の出陣式に応援弁士として出席しました。片道約1時間半、野山を越え、川を渡り、カーナビを頼りに選挙事務所に到着しました。定数12名のところ16名の立候補者が予想されています。少数激戦の中、最終版のお願いをさせていただきました。

能勢といえば、私にとってなつかしい土地です。府職員時代、府民文化室で「府立能勢の郷野外活動センター」の管理・運営に携わりました。交通政策課へ異動してからは、全国で最初に阪急バスが運行した「能勢デマンドバス」の補助金も担当しました。

府議になってからも「府民牧場」の開所式に出席した折、島田紳助名誉場長のアイデアを聞き及び、場内でカブト虫捕りができるよう検討してみては、と議会で要望しました。スポーツ新聞でも取り上げられ、後にこれは実現することになりました。

そうした事業や施設は今や事業の廃止や能勢町への移管というのが現況です。時代社会の進展に合わせて見直しは止むをえませんが、町民にとって最もふさわしい施設の活用と跡地利用となるよう山本候補に託しました。