環境農林水産常任委員会で質問

 本日、所属の環境農林水産常任委員会で質問しました。最初に環境教育の問題を取り上げました。学校教育の中だけでなく、府民の各層に如何に環境問題の学習・啓発の機会を広げていくか、また、今後の大阪府における行動計画にどのような具体的な施策を策定させていくのか、質問しました。

 次に、太陽光発電の問題です。近年、太陽光パネルが安くなり結構元が取れそうということで、普及が進んでいます。しかし悪徳業者も跡をたたず社会問題となっています。府は今年度、優良事業者の登録制度を創設しましたので、その課題や今後の拡大方策について質問しました。

 最後に、動物取扱業者への指導のあり方について、質問しました。昨年、多数の犬を飼養し、悪臭や騒音などで周辺環境を著しく侵害していた元動物取扱業者に、度重なる指導に従わなかった結果、大阪府が刑事告発に踏み切った事例が発生しました。今後、初期段階での調査を強化するため、抜き打ち調査の実施頻度を増やすよう要請しました。

 詳しくは、大阪府議会ホームページ「議会インターネット中継」から動画を配信しておりますのでご覧ください。