田中暴走大臣は即刻辞任せよ

 田中真紀子文科大臣の3大学不認可騒動には、空いた口が塞がりません。大学改革は大いにやっていただきたい。しかし、目の前の審査中の事案とは、何の関係もありません。それとこれとは別の話。新しい認可基準は、新しい申請事案にこそ適用していただきたい。まだ、できてもいない審査基準を振りかざし、不認可処分など正気の沙汰とは思えません。

 真っ先に新設予定大学の入学を希望している多くの受験生に思いが至らないような大臣にその資質があるとは思えません。田中大臣は、混乱の責任を取って即刻辞任をしていただきたい。事前に知らされていた首相も官房長官も判断能力なし。事の重要性に今もって気がついていないことに驚きを禁じえません。一事が万事、政権も終末期の様相を呈してきました。