『市営バス解体」にもの申しました、、

2012091621180000

9月21日、市議会交通水道委員会で、私岩崎けんたが市営バスの民営化を批判しました。橋下市長は、市営一般バス(132系統)のうち採算性の
見込める路線(62路線)は民営化を図る方針です。

一方、地域密着型の赤バス(29路線)を含む不採算のバス(70路線)については今年度末で原則廃止の上、8月に就任した公募区長が運行が必要と判断した場合は、民間事業者に運行を委ね、市が補助金を出すとしていました。

しかし市はこの間、公募区長の協議が進んでいないという事で、廃止する70路線のうち44路線は廃止を一年間延期する方針に転じました。

ただ、赤バスは予定通り今年度末に廃止する方針を維持し、赤バス路線3路線は「一般バス」に改め廃止を延期するものの、料金を100円から200円に引き上げるとしています。

私は、市営バス廃止には市議会の三分の二の賛成が必要で、市民の賛同を得られるかどうかも分らない、「なし崩し的だ」と批判。
市担当者は「民営化は市長の方針。具体的な方針は年内に示し、議会に提出する」と答えました。

2012-9-21%8D%E0%91%8D%81E%8C%F0%90%85%20049%20%28800x533%29

私は橋下市長が市バス運転手の給与が高いことを廃止の理由にしていたことを挙げ、「市バス運転手の給与を民間並みに削減してもなお採算がとれないから路線を廃止しようとしている。民間では維持出来ないからこそ公営で運行する意味があるのではないのか」と指摘。橋下市長が取りやめた、地下鉄の黒字をバス事業にまわす支援を復活させるべきだと述べました。

その上で「民間に売り飛ばすことは、公営企業として培ってきた交通ネットワークの全面放棄だ。市民の足を確保するという行政の第一義的使命の投げ捨てだ」と批判。「赤バスの廃止に市民・利用者は絶対納得しない。こんな方針は到底認められない」と主張しました。