議員さんとメシ行く企画を実現してみよう

みなさんは選挙に行ったことがありますか?もし、行ったことがあるのならばそれは立派なことです。

少子高齢化社会なのに若者世代の投票率がとても低い

このままではなかなか政治家は若者世代に目を向けてくれません。少しでも若者世代に目を向けてもらうために、白紙投票でもいいので「選挙に行って、若者世代の投票率を向上させる」事が重要です。

とは言ったものの、「そんなん言うても政治とか難しくてよーわからんでー」という気持ちがあるのも十分理解できます。

そこで!

「もう難しい話とかどーでもええから、とりあえずメシ食いに行ってどんな人なんか知ってみるってのはどーかな」というところに行き着きました。

ルールを決めておこう

もしちょっと知ってる事があったとしても、何も知らない事にして参加してもらうことにする。どんな初歩的な質問をしてもOKということにする。「そもそもどんな仕事をしているのか?」という内容とか大歓迎の方向で。参加者は自分の頭の中を真っ白にして、色んな事を聞いて帰ることにする。

「今さらこんな事聞いても大丈夫なのかな?」という疑問を解消してもらえる場所にしたい!

ポイントはこんな感じ

1日あたり3名前後の議員さんに参加していただき、特定の政党色に偏らないようにバランスを考えながらスケジュールを調整する。議員さん1名あたりの参加人数が多くなりすぎると本末転倒なので、少数定員にする。

20代限定にしてしまって、政治的にめんどくさい発言をしそうな層を元から排除しておくw


現在の状況

杉山幹人(運営責任者)
100.0%
メンバー3人
無事始動しました。