東淀川区役所で年金の事務処理放置

[毎日新聞]行政ファイル:東淀川区役所で年金の処理放置 /大阪

 

本件について、大阪市より正式な報道発表資料がありますので転載いたします。

東淀川区役所における国民年金障害基礎年金に係る年金請求の事務処理の遅滞について
問合せ先:東淀川区役所窓口サービス課(保険年金)(06-4809-9945)

平成24年10月23日 12時30分発表

 大阪市東淀川区役所窓口サービス課(保険年金)において、「国民年金障害基礎年金に係る年金請求」について、複数の案件で事務処理の遅滞があることが判明しました。

 年金請求に係る事務処理の遅滞という重大な事態を発生させましたことにつきまして深く反省するとともに、関係者の皆様方に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様方の信頼を損ねることになりましたことを深くお詫び申し上げます。

1 概要と事実経過

 平成24年10月12日(金)午後4時頃、A氏より平成24年6月申請の障害基礎年金裁定請求の状況について問い合わせがあり、調査したところ、事務処理が滞っていることが分かりました。

 その他に事務の滞っている案件がないか、障害基礎年金裁定請求事務の実態について、さらに調査したところ、関係書類の訂正が必要な案件や日本年金機構から返戻された案件について、適切な期間での処理ができておらず、複数の案件について担当職員が書類を保管したまま事務を放置していたことが、10月19日(金)午前10時頃判明しました。

2 事務処理が遅滞していた案件数

9件 

平成23年6月受付分  1件
平成23年12月受付分 1件
平成24年4月受付分  2件
平成24年6月受付分  4件
平成24年8月受付分  1件

3 判明後の対応

 平成24年10月12日(金)午後7時頃、A氏のご自宅を訪問し、事務処理の遅滞についてお詫びを申し上げ、ご了承をいただきました。その後発覚した案件については、10月20日(土)及び21日(日)に各請求者の皆様に対して、ご自宅を訪問するなど事務処理の遅滞についてお詫びを申し上げ、至急に処理を進めさせていただくことでご了承をいただきました。

 なお、今回の事務処理の遅滞による年金支給決定額への影響はありません。

4 再発防止について

 大阪市東淀川区役所窓口サービス課(保険年金)では、「国民年金障害基礎年金に係る年金請求」について、受付分、日本年金機構からの返戻分に分けて各案件の書類を保管し、事務処理の進捗を管理しておりました。

 しかしながら、今回の原因は、受付の段階からその処理にあたり書類が別で管理されていたため、各案件の進捗状況についてチェックできなかったことによるものと考えております。

 事態を厳粛に受け止め、受付案件について、処理の段階に応じて定めた場所で書類を保管することを徹底するとともに、案件ごとの処理状況が把握できるよう進捗管理表を作成して、請求者への対応等が滞る事がないようにし、再発防止と市民の皆様の信頼回復に全力をあげてまいります。