「自転車利用をきっかけとして淡路駅周辺のまちづくりを考える」ワークショップを開催します

サイクルマナーから淡路駅周辺のまちづくりを話し合おう!

目的

淡路駅周辺では、鉄道利用者や周辺施設利用者などによる自転車が、駐輪場以外の場所に数多くとめられているため、歩行者・自転車などの通行の妨げとなっているほか、まちの美観を損ねる結果となっています。

併せて、現在、淡路駅周辺では高架化工事や駅東側地域の区画整理事業が実施中であり、駐輪場が絶対的に不足していることから、放置自転車は深刻な問題となっています。
一方で、淡路駅は鉄道交通の要所となっていますが、駅までの交通の便は悪く、自転車を頼りにするしかないという現状もあります。

そこで、淡路駅周辺を、自転車利用者や地域住民など誰もが安心して利用しやすいまちに改善するための話し合いを開催します。

参加者の皆さんがワークショップ形式で、楽しく、真剣なアイデアを交換し、交流を深めていただき、今後の淡路駅周辺の自転車利用について具体的事業を提案していくことを目的としています。

日時

平成25年11月29日(金曜日) 午後7時00分から午後9時00分まで

場所

東淀川区役所 3階 304会議室

定員

会場の都合上、また参加者全員が提案や意見の交換ができるように、20人程度とさせていただきます。

対象者

「淡路駅周辺まで自転車を利用している皆さま」
「淡路駅周辺在住・在勤の皆さま」
「今後の淡路駅周辺の自転車対策についての話し合いに参加してみたい」
「自転車対策についてこんなアイデアがある」
など

参加費

無料

申し込み方法

参加予定人数の確認のため、事前申し込みとさせていただきます。

電話、ファックスまたはEメールでお申込みください。
お申し込みの際は、氏名・連絡先電話番号・参加予定人を連絡ください。

東淀川区役所 市民協働課

ファックス、Eメールの件名は、「11月29日のワークショップ申し込み」でお願いします。

今後の予定

今後、同内容のワークショップを、平成25年度中に連続3回実施予定です。
平成25年11月29日実施予定の第1回目と合わせてご参加いただければと計画しています。

なお、今後予定の回は、金曜日の午後7時からを予定していますが、日程は未定です。

ご案内チラシを作成しました

「自転車利用をきっかけとして淡路駅周辺のまちづくりを考える」ご案内チラシはこちら