平成25年3月1日 区長コラム

「はい!東淀川区長 金谷一郎です!」

 平成25年度東淀川区予算案の概要を広報ひがしよどがわ3月号の1面に掲載しています。


そのうち、東淀川区独自事業(案)をいくつか紹介します。

地域福祉バス等試験運行事業

 赤バス廃止に伴い、府市統合本部の バス改革・持続戦略プロジェクトチームから報告されている公共交通機関の空白地域が、豊里南・大道南地域で生じますので、その地域での移動確保のため、小型バスを民間事業者に公募を行い運行します。

高齢者・障がい者の見守り活動支援

 孤独死ゼロをめざすとともに、単身世帯の高齢者や障がい者へ見守り活動を行っているボランティアの方々へ、ポイント制による活動支援を行います。

絵本の読み聞かせ事業

 乳幼児から小学校卒業まで一貫した絵本の読み聞かせの習慣の定着を支援します。

防災区勢調査

 区民の防災の実情やニーズを調査し、今後の地域防災計画の策定に反映します。

防犯カメラの集中設置

 自転車盗の多発地域に防犯カメラの設置を行います。

障がい者の地域交流支援事業

 地域交流スペースに対する補助を行います。

子育てリフレッシュ事業

 店舗などに授乳スペースやキッズスペースを設置する補助を行います。

セラピードッグ交流事業

 心理的・精神的回復効果が高いセラピードッグとの交流を支援します。


 その他にも、多くの事業の新規企画や充実を予定しています。今後も皆様のご協力をいただき、より安全で安心なまちづくりを行いますので、よろしくお願いします。