「就学制度の改善について」をとりまとめました(教育委員会)

「就学制度の改善について」をとりまとめました

 大阪市教育委員会では、4月から9月にかけて熟議を計13回開催し、学校選択制と指定外就学を含む就学制度全般について議論を行ってまいりました。

 10月初旬に熟議の報告書を受領し、それを踏まえて、教育委員会といたしまして、大阪の教育力の向上、充実を図り、教育の振興を推進し、子どもたちの最善の利益を図るため、子どもや保護者の意向に応え、各区の実情に即した本市小中学校の就学制度の改善を図る必要があるとの結論に達し、学校選択制の制度化と指定外就学の基準の拡大を方向性とする「就学制度の改善について」を、10月19日の教育委員会会議で決定いたしました。

 今後、各区において区長が保護者を中心とした区民や校長の意見及び区の実情を踏まえ、区の方針案を策定することとしております。区長が策定した方針案については、区ごとに教育委員会会議に案件として諮り、議決を得て決定してまいります。

就学制度の改善について

就学制度の改善について