平成24年11月1日 区長コラム

「はい!東淀川区長 金谷一郎です!」

 私の重点的施策として、防災・減災対策、健康推進、子育て施策を挙げています。それ以外にも、区内の経済振興施策など取り組んでいきたいことはたくさんあります(参考:平成24年度東淀川区運営方針)。

絵本の読み聞かせボランティア募集

 今月は、その中で皆さんにぜひご協力をお願いしたいことがあります。大阪市は、子育て施策として、3か月児健診の案内に、絵本の引換券を同封するブックスタート事業を実施しています。しかし小学校入学時まで(入学以降も)絵本の読み聞かせをつなぐことが、東淀川図書館や一部の地域の子育てサロンでしかできていません。
 私は、東淀川区内で、絵本の読み聞かせの習慣を広げ、絵本に親しむ機会を広げたいと思っています。それを担っていただく読み聞かせボランティアが区内で活動されていますが、まだまだ人数が不足しています。私も、ボランティアに参加したいと思っています。ぜひ絵本・子育てに興味のある方の応募をお願いします。ただし、研修を受けていただく必要がありますので、当面の募集は11月16日(金)までとさせていただきます。

 詳しくは、こちらの絵本の読み聞かせボランティア募集ページ
 東淀川図書館(電話:06-6323-5476)・区役所保健福祉課子育て支援室(電話:06-4809-9854)まで。

絵本の読み聞かせによる効果


 昨今、幼児への虐待が問題となっており、親子のつながりが注目されています。
 7月には元恵庭市長の中島興世(なかじま こうせい)さんから絵本の読み聞かせにより、虐待やいじめは減少し、学力向上にもつながったとお聞きしました。
 また、9月には東淀川図書館で「絵本は未来を生きる人たちへの贈り物」と題して、元聖和大学大学院教授の正置友子(まさき ともこ)先生の講演をお聞きしました。講演会では、乳幼児から小学校卒業までの子どもの成長に合わせた絵本との出会いが自立した大人への形成支援になること、また絵本は総合芸術であり、大人から子どもへの最高の贈り物で、一緒にページをめくることが大切であることなどを教わりました。
 ぜひ東淀川区の将来を担う子どもたちのために、皆さんのご協力をお願いします!