平成25年 新年のごあいさつ

20120101kucho

新年あけましておめでとうございます。

 平成25年の新年をお健やかにお迎えのことと心からお喜び申し上げますとともに、平成24年は、市政・区政の各般にわたり、格別のご理解とご協力をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 平成24年8月から就任し、各地域の行事にできるだけ参加させていただくとともに、「出前区長」により地域へ出かけたり、「区長懇談」により区役所へお越しいただいたり、直接区民の皆さんのお話をお聴きすることに努めてまいりました。今後とも直接区民の皆さんのお声を聴くため、できる限り地域へ参りますのでよろしくお願いします。なお、「出前区長」や「区長懇談」の申し込みにつきましては、区役所総務課広聴担当(電話:06-4809-9683)で受け付けています。

 公募区長として、権限も増大しましたので、平成24年9月には平成24年度区運営方針の改定も行い、11月15日には平成25年度区運営方針の素案と11月20日には今後の区のまちづくりの方向を記載した「区将来ビジョン」の素案も発表し、パブリックコメントや議会でのご議論をお願いしているところです。また、平成25年度予算案についても、議会でのご審議を今後お願いして、「広報ひがしよどがわ」3月号に掲載する予定です。

 特に、区独自の事業として、絵本の読み聞かせを通じて、子育て支援はもとより学力向上など、子どもたちへの支援を地域の皆さんと取り組んでまいりたいと考えています。学校・地域・家庭の連携にも力を入れて行きたいと考えています。

 また、孤独死ゼロをめざすなど高齢者や障がい者の皆さんへの支援も区独自で充実してまいります。

 さらに、区役所改革にも取り組みます。「民間で出来ることは民間に」を目標に、区独自に、出張所も含めて窓口・相談業務の改革を行い、民間のノウハウを活かして、窓口・相談業務の向上を行う予定です。

 次に、平成25年は地域のことは地域で決めるための組織として「地域活動協議会」の形成も本年は本格的となり、4月以降は同協議会への財政的支援も本格的に行う予定です。

 平成24年11月15日の区長会議で正式に決定しました24区のブロック化案4案も市長へ提出しました。

 いろいろな改革が、橋下市長の指示のもと、従来とは異なるスピードで行われています。区長としましては、区役所は区民に役に立つ所をモットーに区職員一丸となって、誰もが安全かつ安心して健康に生き生きと暮らし、快適で活力とにぎわいのある「住んでよかった、住み続けたい東淀川区」のまちづくりをめざしてまいりますので、よろしくお願いします。

 最後に、皆さんにとりまして、健康で幸多い一年となりますよう心よりお祈り申し上げまして、新年のごあいさつとさせていただきます。