淡路本町商店街の東北物産市に行ってきた

先日告知があったように、今日は淡路本町商店街で東北物産市がありました。僕が行く前から狙ってたのは気仙沼ホルモン。無類のホルモン好きな僕ですが、試食した結果「うまいやないかい!」ということで2袋買いました。ホルモンといえば牛のホルモンを思い浮かべますが、気仙沼ホルモンは豚のホルモン。ホルモンホルモン言うてますが、とにかく2袋もあるので楽しみで楽しみで仕方がありません。

ところで、東北物産市ってなんやねん


突如、淡路本町商店街で行われた東北物産市。もちろん震災復興支援という側面があるんですが、これを言い出したのが20歳の男の子だったというところがこのイベントのおもしろいところだったりします。

阪本俊輔さん

NPO法人JUMPに所属する阪本俊輔さんが今回の言いだしっぺ。

彼が5月に被災地を訪れ、マルシェに寄った時に「なんかでけへんのかなー」と思ったのが全ての始まりでした。地元の周りの人に声をかけ始めて、次第にその動きが大きくなって最後は淡路本町商店街を動かしたんです。当初自分が想定していた規模よりも大きくなったということで、驚いている様子でした。

思ってたより人が来てたと思います

時間帯によってバラつきもありましたが、結構な人数が訪れていたと思います。どんどん完売していく様子は見ているだけでも楽しかったですし、「早く買わないとやられる!」みたいな雰囲気がより大阪人の心を動かしたような気もします。

ちなみに僕は一番最初に「飲むヨーグルト」を買いました。

この「飲むヨーグルト」は、大震災で家族を亡くし、元気を無くした息子の「バッティングセンターがあったらいいのにな」という一言から、売上をバッティングセンター設立費用にする!という名目で販売されています。こういうストーリーを知ると、応援したくなりますよね。ちなみに僕が買って、その後すぐに完売しちゃってました。おいしかったです!

そして気仙沼ホルモン

もちろん大本命というか、それを買うために来たと言っても過言ではない「気仙沼ホルモン」。会場では色んなものを試食できるようになっていて、「うまいやん」と思ってから買う事が出来る仕組みになっていました。

もっと美味しそうに写真を撮れたらよかったんですが。まぁ味は美味しかったです!だから2袋も買っちゃいました。

その他

さんまのみりん干しとか、海苔とか、なんか色々買いました。多分4,000円ぐらい使いました!復興支援が出来て、更にうまいもんが食えるんなら一石二鳥です。

海苔を買う時に「そんなもんな、太平洋で育っとんねんからうまいに決まっとるでこれ!」って言われました。今冷静に考えると「関係あんのかよw」とか思うんですけど、その場の勢いに負けて全種類買った僕は大阪人としてはまだまだですね。笑

東北へメッセージ


物産市だけではなく、東北のみなさんへのメッセージコーナーも設けられていました。事前に「ホルモンかたいねん!とかでもええで」とか言われていたんですが、普通においしかったので「ホルモンめっちゃうまいっす」って書きました。


こんな感じでみんなのメッセージが貼り出されてるんですけど、他の人のメッセージを見たら「負けないで!」みたいな感じのばっかりだったので、自分もそんなニュアンスにしておけばよかった…とか思ってます。ちなみに、これはマルシェのロゴに合わせてこういうメッセージボードにしているみたいです。大小色とりどりの丸いメッセージカードが貼られています。

こんなゲストまで駆けつけました


出たーーー!東淀川区のマスコットキャラクター「こぶしのみのりちゃん」やーーー!

外国人の方も訪れてました

パッと横を見ると、外国人の方が立ち寄っていました。話しかけると、10年ぐらい下新庄にお住まいのカナダ出身の人でした。日本人の奥さんに買い物を頼まれたついでに寄ったみたいで、太鼓のパフォーマンスを見ながら「日本はいい国だねー」って言ってました。めっちゃ個人的な事なんですが、その彼もIT業界人だということで意気投合して友達になりました。東北物産市に行って友達が出来るとは!いやー行ってよかった。

さいごに

どうやら阪本さん曰く、1月にも再度やりたい!ということらしく。次は事前にストーリーとか色々調査してお伝えできればなと思ってます。こうして大阪で現地のものを手に入れる事もなかなか無い機会ですし、震災復興の支援にもなりますし、うまいもん食べれますし。もしかしたら今日の僕のケースみたいに友達も出来るかもしれません。
お子様向けにスーパーボールすくいとかが無料で出来るようになってたので、お子様連れでも大丈夫です。