FixMyStreetが残念な感じになってる件について

大阪市の中で行われているFixMyStreetの実証実験。
東淀川区も参加しているのですが、現状は下記のURLからご確認ください。

https://www.fixmystreet.jp/cities/27114

はい。
リンク先に飛んだ人なら、6月から投稿の感覚がだいぶ空いてるのがわかりますね。これなんだよなー。

あーあ。

という感想しか出てこないですねぇ。
どうなれば誰にとって幸せなのか。色々考えさせられます。

役所にとっては、どうなってほしかったか

区内にある解決課題が色々投稿されれば、問題を可視化できる。
それをどんどん解決していく、その過程をもっと広く見てもらう。

更に、「そんなん役所の人間にやってもらわんでも俺がやったるで」という人の登場に期待をしていて、簡単な課題については住民同士で解決できるようにする。
では、そのためにまず必要なのは何かというと、区内に解決課題がたくさんあるということをみんなに知ってもらうこと。

そもそも、意識しなければそんなのには気づかないもんなんですよね。
生活圏なんてみんな狭いんだから。
自分の見えてないところには、こんだけ解決課題があるんですよってことは、例えば議員の皆さんや行政の皆さんは知ってるけども、普通に生活してる人にはわからない。

ここをわかってもらうという一歩としては、すごく良かったんですよね。実際に「なんや、こんなにも色々あんのか」と思った人も多いはず。

だけど、思ってたようにはいかなかった。

区民にとっては、どうなればよかったか

どんどん課題が解決していくことで、自分たちの生活圏の課題も解決されていってるのかもしれない。普段気にもしていなかった道路を見つめてみたりすることで、みんなの生活圏の課題が新しく投稿されていき、最終的には区内全体の課題がゴッソリ解決されているのかもしれない。

もちろん、役所の人間にそこまでしてもらう必要があるのか?という問題提起は出てしかるべきで、今回も実際に多々出ている状態。

問題は、そこで止まってしまったことなんですよね。
そこから先の一歩を、ヒステリックになっちゃった人たちの影響で普通に投稿していたような層が踏み出せなくなった。

なんで踏み出せないのか

普通に投稿していた人は、僕を含めてドン引きしたんだと思います。

そもそも…

こういうサービスって、普通に生活してて使わないんですよね。
でも、使えばみんなのためになったり、最終的には自分のためになるんなら、使ってみてもいいかなってものだと思います。その結論にたどり着く人ですら少ないというのに、このようなヒステリックな現象が起きてしまうと、「うわ、めんどくさwww」ってなるわけですね。

少なくとも僕はそうなりましたw

今後どうなれば良いか

以前役所の人にも言いましたが、ポイント制度とかを作ってしまって、市民が課題を解決したらその人には多めのポイントを与えるなどして、最終的には別に何も賞品はいらないけど表彰をしてあげるとか。

まぁそういうしょーもないレベルでもいいから、一番求めている理想の層「自分で解決しちゃう人」に何かモチベーションを与えることが大切だと思います。

元々みんな全然こういう領域には興味ないですしね。

さいごに

大学のゼミで使った?みたいな批判コメントなどを散見します。
まぁ実際使ったのかどうかは知らないしどっちでもいいんですけど、僕としては初期段階なんだしいっぱい投稿されてるほうがいいと思います。

問題は、やっぱり「自分で解決しちゃう人」を誕生させる「何か」がなかったことかな、と僕は分析します。

匿名である必要もないですね。
特にこういう善意を前提としたサービスはね。