「地域の悩みごとを新しい発想で解決するためのみんなの学習会」を開催しました!

8月1日(木)10時から大阪市立社会福祉センターで「地域の悩みごとを新しい発想で解決するためのみんなの学習会」というセミナーを大阪市ボランティア市民・活動センターとまちづくりセンターの共催で行いました。講師としてダイバーシティ研究所代表理事の田村太郎さんに話をしていただきました。内容はCB(コミュニティビジネス)の基本的な考え方やその本質、市民が社会や地域の課題解決に向けて持続的な活動を行うことの可能性などについてでした。

 CBについて事例を使って分りやすく説明していただき、参加されている方も真剣に聞き入っておられました。東淀川区からも15人の地域の方が参加されており、CBの必要性や課題に向き合い目的をはっきりさせるといったことに特に共感されていたようです。

 「課題を見出して、多様な担い手と連携・協働して解決していく。」地域活動協議会の持つ特性をよりよく活かしていくことへとつながっていくセミナーとなったのではないかと思います。ボラセンセミナー 写真