衆議院議院総選挙、大阪府第5区の候補者決定

12/4に衆議院議員総選挙の公示が行われ、大阪府第5区の立候補者が明らかになりました。

大阪府第5区ってなに?という人のために

大阪府第5区という選挙区を予習してみる」という記事を書いておりますので、ご参照ください。

立候補者紹介(50音順、敬称略)

予想通りの3名でした。

尾辻かな子(民主党:新人) 比例重複


昭和49年12月16日生
元大阪府議会議員(堺市堺区選挙区。任期2003年4月〜2007年4月)
第2回ひがしよどがわmeet up!参加予定→参加

国重とおる(公明党:新人)(自民・維新推薦)


昭和49年11月23日生
弁護士
第1回ひがしよどがわmeet up!参加予定→急用により不参加

せと一正(共産党:新人)


昭和24年4月生
元大阪市議会議員(大阪市此花区選挙区。任期1991年4月〜2011年3月)
第3回ひがしよどがわmeet up!参加予定→公職選挙法の都合上不参加

みなさんに一度はやってみてもらいたい、投票マッチング

今回争点になっている政策ベースで20問、「賛成」「やや賛成」「中立」「やや反対」「反対」という回答のいずれかを選んでいきます。最終的に、あなたと近い考えの政党は…「○○!」みたいな感じで出てきます。
http://nihonseiji.com/votematches

いやいやそんなので決めるなよ

という声が出てくるのも当然ですし、その通りだとも思います。それがわかっているうえでなぜオススメするのかと言いますと、下記のような効果が期待できるからです。

 

・争点になっているポイントが整理できる
・争点についての各政党のスタンスが見えやすくなる
・よくわからない項目があったとしても、メリットデメリットなどの詳細がわかりやすく記述されているので理解しやすい
・結果、なんとなく理解できる
・選挙に行こうと思うキッカケになる
・選挙に行く人が増える
・投票率が上がる(主に若者世代)

やってみて絶対に損はない

ちょっと時間のある時に、是非試してみてください。アクセス過多でサイトが重くなっている可能性も非常に高いですが。

こちらもあわせてどうぞ

選挙週間ということで関連記事を一気にアップしております!

大阪府第5区

大阪府第5区という選挙区を予習してみる
衆議院議院総選挙、大阪府第5区の候補者決定

衆議院議員総選挙

政治家に対するイメージって、本当に今のままでいいのか
衆議院議員総選挙における年齢別投票行動集計、見たことありますか?

最高裁判所裁判官国民審査

みんな忘れがちな最高裁判所裁判官国民審査
最高裁判所裁判官達の過去の判例をチェックしてみよう -その1-
最高裁判所裁判官達の過去の判例をチェックしてみよう -その2-
最高裁判所裁判官達の過去の判例をチェックしてみよう -その3-
最高裁判所裁判官達の過去の判例をチェックしてみよう -その4-
最高裁判所裁判官達を名前ベースで整理してみた