9/16(日)は「東淀川区民まつり」です!

今回で第38回ということで、歴史のある東淀川区民まつり。僕自身の東淀川区歴は25年ぐらいなのですが、実は一度も参加したことがありません。そんな僕が東淀川区民まつりを紹介するのも変な構図ではあるのですが、むしろこういう人間が「どう楽しめばいいのだろう?」というような事を考えて伝えることも大事なのではないかと思っています。

第38回 東淀川区民まつり

一応、市のホームページで書かれている内容は下記の通りです。

区民まつりの主な催しとしては、パレード、民踊総おどり、みこしやだんじり、コンサート、模擬店、フリーマーケットを行うほか、本市や各種団体のPRコーナーも開設します。また、区ごとに特色を生かし趣向を凝らした楽しい催しが企画され、こどもから高齢者まで気軽に楽しく参加できる内容となっています。

東淀川区においては、大体毎年6万人ぐらいの参加人数らしいということを聞きました。

開催日時

2012年9月16日(日) 雨天の場合は9月17(祝)
13:00〜16:10(催物コーナーは一部12:00〜)

開催場所

東淀川区役所前こぶし通りとその周辺広場

主催

東淀川区民まつり実行委員会
東淀川区役所

協賛

東淀川区内各種団体・官公署
コミュニティスタッフ運営委員会

企画・運営

(財)大阪市コミュニティ協会東淀川区支部協議会

一体どんな事をしているのか

僕を含め一度も行ったことが無い人は「一体どんな事をしているの?」と思っていると思うんですよね。実は昨日、当日ブースを出す「大阪経済大学 ECOまちネットワーク」さんの会議にお邪魔させていただき色々質問をしてきました。

ほんとに6万人も参加しているんですか・・・?

東淀川区の人口は、今年8月1日付の発表数値でいくと177,056人(男87,156人・女89,900人)。そりゃ東淀川区以外の人も参加する事はあるのかもしれないですが、区内の人口に対して参加人数が多すぎるような気がします。さすがにそんだけ人が集まってるんなら、僕も一度ぐらい行ったことがあってもいいような気がしていて。そのへん、どーなんですか?と質問してみました。

すると「めちゃめちゃ大勢の人がいますよ!」との返答が。
うーん、こればっかりは行ってみないとわからないですよね。
単純に僕が無関心すぎるのかもしれませんし… うーん。

僕ぐらいの世代(20代)って、参加してますか?

もしかしたら、僕ぐらいの世代は全く参加していないのかもしれない。だから僕も知らないのかもしれない。そう思って聞いてみました。

すると「確かに他の世代と比べると少ないけど、結構来てますよ!」との返答が。
なにー!そうだったのか…

飲食ブースとかあるみたいですが、どんな感じなんですか?

東淀川区民まつりのパンフレットを入手したので中身を見ていると「飲食ブース」というところがあったんです。これ、いわゆる普通の祭りのような感じでお店が出ている感じなのか、どうなのか。ほんとに行ったことが無いので全く想像がつかなくて聞いてみました。

すると「普通に焼きそばとかもあって、お腹いっぱい食べれますよ」との返答が。
イメージしていたのと違った…

僕が抱いていたイメージとは違うのかもしれない

実は、東淀川区民まつりに関しては現在もすごく閉鎖的なイメージを持っているんです。僕は幼少期も東淀川区で過ごしているのでなんとなく感覚は持ってたりするんですが、どうも参加者が限られているようなイメージがありまして。具体的には、主催側(ブース出展側も含む)とその周りの人達が楽しむ場というようなイメージなんですね。「行ったこともないのに勝手な事を言うな!」と怒られそうではあるのですが、結構そういうイメージを持っている人も自分の周りには多いので、あながち的外れなイメージでもないと思っているんです。

東淀川区民は特に単身世帯が多い

人口データの中に、世帯数という項目があります。実は東淀川区は大阪市内で人口No.2。世帯数はNo.1なんです。周りの区に比べて家賃も安い地域ですし、単身の学生やサラリーマンが多く住んでいます。こういう人達って、東淀川区民まつりに参加しているのだろうか…という点に疑問を持っていて、結局それって地域コミュニティの問題に直結していくところなのかなぁと思っているんです。

東淀川区民まつりをキッカケに、地域コミュニティを形成できれば素晴らしい

せっかくこれだけ大きな規模のものを開催するわけですし、出展ブースには地域を良くしていこうとする人達が集まっているわけです。みんなで参加すれば、間違いなく地域コミュニティの形成につながるイベントだと思います。だからこそ、もっと告知しなきゃいけない。ただ開催されるという事実だけではなくて、重要なのは「どうやって楽しめばいいのか」という部分を提示することなのかなと思っています。

どうやって楽しめばいいのか

この部分にフォーカスしてお伝えしたいのですが、残念ながら参加したことのない僕にそれは出来ません。なので、とりあえず今年参加してきます。その上で、どう楽しめば良いのかという部分を発見して伝えていこうかなと。もう今年は時間もあまり無いので、来年以降の動員につながるように色々調査できればいいなーと思っています。

現在わかっていること

・とにかく大勢の人が来るらしい
・飲食ブースもあるし、普通の祭っぽく楽しめるはず
・地域で活動されている方々が集まっている

今後やってみたいこと

どうやったら出せるのか今現在わからないのですが、来年以降は当プロジェクトからもブース出したいなぁと思っています。出すとしたら共同ブースみたいな形で出せたらおもしろいんじゃないかなーとか思ってます。

とにかく東淀川区民まつりまであと10日

パンフレットに掲載されている情報などを元に、当日の詳細なタイムスケジュールなども後日記事にしていこうと思っています。せっかくなんで、日程の都合が良さそうならみんなで参加してみましょう!僕は最初から最後まで参加予定ですし、当日の模様もプロジェクトのTwitterアカウントで実況する予定です。見かけたら気軽に話しかけてきてくださいね。