「さわやか苑」にインタビューに行ってきました!

介護老人福祉施設「さわやか苑」は平成14年に開設されました。利用者第一の考えのもと、利用者の立場に立って意志・人格を尊重したサービスの提供を心掛けておられます。

利用者を大事にされていて、桜の咲く季節には重度の介護の方も含めて、全員で施設周辺の花見をされるそうです。

さわやか苑の屋上には太陽光発電パネルが設置されています。これは市民団体「ECOまちネットワーク・よどがわ」と地域の呼びかけに応えて、地球温暖化防止策の一つとして効果が期待される「太陽光市民共同発電所」の大阪市内初の設置場所として、さわやか苑が協力されて実現したとのことです。

玄関を入ったところには、毎日の発電量を示す表示板があり、職員の皆さんの節電への意識も高まったそうです。

電力問題についての関心が高まっている中、このような取り組みが広がればいいですね。さわやか苑 写真